TOPページ >> お勧め作品 >> 空母いぶき

空母いぶき

2019年 日本 


16mm Film
――
■上映会用 DVD [134分]
料金:特別価格
※有料上映会可
■上映会用 Blu-ray [134分]
料金:特別価格
※有料上映会可
※有料の場合、地域によっては上映出来ないこともあります。詳細はお問い合わせください。

(ttu91214)

空母いぶき

原題:
原作:
監督:
キャスト:
 


かわぐちかいじ
若松節朗
西島秀俊/佐々木蔵之介
 
命懸けの任務に当たる自衛官たち。
究極の選択を迫られる政府。


20XX年。クリスマスイブ前日の12月31日未明、未曽有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島の初島に国籍不明の武装集団が上陸、我が国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命ずる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「空母保有」への賛否が国を二分してきた《いぶき》だった。艦長は航空自衛隊の元エース・パイロット、秋津竜太1佐。それを補佐するの副長は海上自衛隊生え抜きの新波歳也2佐だ。現場海域へ急行する彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を超えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。日本政府はついに戦後初めての「防衛出勤」を発令する。迫りくる敵戦闘機に向け、放たれる迎撃ミサイル。「専守防衛」を旨とする自衛隊としては、戦闘がさらに拡大し「戦争」へと発展することだけは阻止せねばならない。苛酷な対応を迫られる秋津と新波。そして彼らの下した決断とは。
(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
HOMEへ

*本サイトに掲載された内容を無断で転用・掲載することを禁止いたします。

ご注文・お問い合わせはこちらへ