山本五十六 太平洋戦争70年目の真実
2011年 日本 

16mm Film [141分]
料金:\100,000-(税別)
■上映会用 DVD
――
■上映会用 Blu-ray
――


山本五十六

原題:
原作:
監督:
キャスト:
 



城島出
役所広司
 
現代(いま)とよく似ている時代が、かつてこの国にあった――。

1939年(昭和14年)夏。「日独伊三国同盟」締結の声に日本は大きく揺れていた。それを強硬に主張する陸軍、マスコミ、そして国民。しかし海軍大臣・米内光政、次官・山本五十六、軍務局長・井上成美は、その「世論」に敢然と異を唱えた。日本がドイツと手を組めばアメリカとの戦争は避けられず、十倍の国力を持つ国と戦えば、この国は滅びる……。
彼らの命を賭した反対で、三国同盟は立ち消えとなり、山本五十六は聯合艦隊司令長官として旗艦「長門」に着任するが、同時に欧州でドイツの快進撃が始まり、同盟締結の声は再び沸騰する。1940年(昭和15年)9月、ついに三国同盟は締結された。そして一年後――。太平洋上の空母から飛び立った、日本海軍350機の大攻撃隊がアメリカ太平洋艦隊に襲いかかった。それは勝つためではなく、一刻も早く終わらせるために山本五十六が生み出した、苦渋に満ちた作戦だった……。
HOMEへ

*本サイトに掲載された内容を無断で転用・掲載することを禁止いたします。

ご注文・お問い合わせ

tel 03(3561)0771
fax 03(3561)0775
e-mail mail@clione-jp.com

株式会社 クリオネ